GROUP
COMPANY
グループ企業

大晃グループは大晃ホールディングスを持株会社に、
大晃機械工業、MarFlex(オランダ)、中国電機サービス社、
山陽設計工業の4社で構成されています。
それぞれ高い専門性を持つ事業会社として成長を遂げています。

舶用・陸上・EMの3事業部で事業展開する
「流体移送機器」の総合メーカー

大晃グループの中核企業・大晃機械工業は1956年設立の「流体移送機器」の総合メーカーです。舶用・陸上・EMの3事業部により、それぞれ舶用業界向け、陸上用途(各種工場、施設)向け、電磁駆動用途(医療・健康・環境)向けを中心とした各種ポンプの企画・製造・販売を行っています。
最も歴史の長い舶用向け製品では、独自の形状を持つ「欠円ギヤ」によるギヤポンプをはじめ、遠心ポンプなどの他、油水分離機や汚水処理装置など、船舶に必要な各種ポンプをワンストップで供給できる製品ラインナップが特徴です。
陸上用途では、独自のスクリュー形状を採用したスクリュー式ドライ真空ポンプが半導体、液晶、太陽電池、医薬、ケミカルなどの工場・生産設備などで採用されるほか、大型から小型までの豊富な機種を持つルーツブロワなど、さまざまな陸上用途の製品を企画・製造しています。
電磁駆動用途では、小型・高性能ニーズに対応した医療・健康機器の組込用、浄化槽用、養魚・活魚・観賞用水槽などのエア供給用など幅広い用途のダイアフラムブロワを開発・製造しています。
多様な産業界に向けて7,000種以上の製品を開発・製造している大晃機械ですが、近年では省エネ・環境性能に優れた製品開発や小水力発電事業など、よりサステナブルな事業や製品開発に注力しています。

大晃機械本社に設けられたショールーム。日本のみならず海外から視察などでお越しいただくお客様へのプレゼンテーションなどもこのスペースで行います。

本社工場内。大晃機械の製品は、お客様の使用環境にアジャストする多品種小ロットの製品ラインナップが特徴です。

OVERVIEW

商号 大晃機械工業株式会社
代表者 代表取締役社長 木村 晃一
設立 1956(昭和31)年4月6日
本社 山口県熊毛郡田布施町大字下田布施209-1
TEL. 0820-52-3111(代表)
事業内容 各種ポンプ・ブロワ・真空ポンプ・環境機器の設計・製作・販売
資本金 1億円
Website www.taiko-kk.com

オランダから欧州各国に顧客基盤を持つ
電動ディープウェルポンプの老舗メーカー

オランダ・ロッテルダム近郊に本社を置くMarFlex社は、舶用を主な用途とする電動ディープウェルポンプの老舗メーカーです。1997年、大晃機械が製品ラインナップを補完する目的で、MarFlex社と電動ディープウェルポンプの日本独占販売権全土国際協力提携契約を締結したのを契機に、その後約20年にわたり製品開発や製造面での交流を重ねる中で強固な信頼関係を築き、2018年に大晃グループの一員となりました。
MarFlex社の開発する電動ディープウェルポンプは舶用の他、海上構造物や陸上各種産業向けなどの製品ラインアップがあります。製品は高い開発・設計力による優れた構造を持ち、高品質・高耐久性を実現している点に大きな特長があります。また、製品の開発・製造を行うのみならず、適正な製品の運用・維持・管理のためにお客様向けのトレーニング部門も設置しています。
大晃グループ入りする以前より、MarFlex社の販売エリアは欧州各国を中心に広がっていましたが、グループ入りすることによって大晃グループとのシナジーが進み、アジア各国にも製品販売エリアが拡大しています。今後は、製品開発を含め、さらにグループシナジーを追求し、企業価値を高め、より高い事業成長を目指しています。

OVERVIEW

商号 MarFlex Holding B.V.
代表者 CEO 乾 太輔
設立 1981年3月
本社 Louis Pasteurstraat 8 3261 LZ Oud-Beijerland The Netherlands
TEL.+31(0)186-890-200
事業内容 ディープウェルポンプ、カーゴポンプなどの製品の企画・開発・製造・販売、
さらにメンテナンス・トレーニング
資本金 €21,600
Website www.marflex.com

ディープウェルポンプの開発・設計を担当するMarFlex本社の製品設計部門。高い技術力を有するエンジニアの存在がMarFlex製品の信頼性を支えています。

MarFlex社の電動ディープウェルポンプは、船舶のデッキ上にある耐圧防爆型電動機で船内タンク部にあるポンプヘッドを駆動。従来の油圧駆動製品に比べ、振動もなく高システム効率を実現しています。

マーフレックスの傘下にあるシュナイダーは「インテリジェントオートメーションソリューション」を標榜する自動化システムのエンジニアリング企業です。そのソリューション領域は幅広く、舶用から物流、食品加工、農業…と、多様な産業分野におよびます。そしてマーフレックスが目指す「Crewless Cargopump」の実現においてもその豊富な経験とノウハウは重要な要素。機械技術と電気制御技術の融合によるシナジーが効果的に発揮されています。

OVERVIEW

商号 MarFlex Holding B.V.
代表者 CEO 乾 太輔
設立 1981年3月
本社 Louis Pasteurstraat 8 3261 LZ Oud-Beijerland The Netherlands
TEL.+31(0)186-890-200
事業内容 ディープウェルポンプ、カーゴポンプなどの製品の企画・開発・製造・販売、
さらにメンテナンス・トレーニング
資本金 €21,600
Website www.marflex.com

電機設備の設計・製作・製造を
ダイレクトオーダーで手がける専門メーカー

山口県下関市に本社を置く中国電機サービス社は「配電盤」などの電機設備を企業などからのダイレクトオーダーで設計・製作する専門企業です。製品は、船舶用として国内外の企業や官公庁向け、陸上設備用として受電設備から産業機械の自動制御システムなどにおいて各種企業・工場に製作しています。
中国電機サービス社が大晃グループに加わったのは、2018年。大晃機械は舶用・陸上のさまざまな産業分野向けにポンプ関連製品を提供していましたが、密接に関連する分野でありながら電機設備はそれまで扱っていませんでした。中国電機サービス社の大晃グループ入りは互いにメリットの大きなものでした。
中国電機サービス社の強みは、一点ものの企画・設計・製造で磨いてきた高い技術力にあります。この技術力が大晃グループにもたらす影響は非常に大きな価値があります。今後は、中国電機サービス社の成長を加速しながら、そのノウハウをグループ全体で共有することでグループ各社の成長原動力にしていきたいと考えています。

中国電機サービス社が提供する制御盤はお客様ごとのニーズにお応えする一点物です。舶用の操舵システムなど、高い信頼性が求められる分野の製品だけに、開発にあたっては高い技術力が求められます。

第二工場テクノセンター内にある「テクニカルショールーム」。ここには代表製品の展示が行われています。

OVERVIEW

商号 株式会社中国電機サービス社
代表者 代表取締役社長 花本 浩二
設立 1978年4月
本社 山口県下関市長府扇町4番30-2号
TEL. 083-248-3111(代表)
事業内容 舶用配電盤・IBSコンソール、陸上用低圧盤・高圧受電設備、産業用自動化制御盤、
制御ソフト開発等の開発・製造・販売
資本金 1,000万円
Website c-d-service.com

各種産業機械、造船・配管艤装設計のエキスパート
今後は総合エンジニアリング企業へ

岡山県玉野市に本社を置く山陽設計工業は、一般産業機械や造船艤装関連機器などの設計を手がけています。例えば設計一式を請け負った「往復動圧縮機」は、石油精製、化学工業など多くの企業に導入されています。また「誘導加熱装置」も自動車用鍛造部品メーカー、鉄鋼メーカーで使用されるなど、数多くの産業に取引先は広がっています。
山陽設計工業は1957年に創業し60年余り、さまざまな顧客企業のニーズに応え、基本設計の段階から参画し、詳細設計まで担当できる技術ノウハウ・設計力の蓄積を図ってきました。今後は、こうした基盤に立ち、総合エンジニアリング企業を目標に、さらに研鑽を重ねていきたいと考えています。

OVERVIEW

商号 山陽設計工業株式会社
代表者 代表取締役社長 渡辺 賢二
設立 1957年7月
本社 岡山県玉野市玉3-1-9
三井E&Sホールディングス 玉野事業所構内
深井総合事務所 3F
TEL. 0863-21-3996
事業内容 一般産業機械、ディーゼルエンジン、港湾用クレーン、再生可能エネルギーおよび造船艤装関連の設計
資本金 1,000万円
Website www.sanyo-engineering.co.jp

往復動圧縮機

誘導加熱装置

運搬機械

造船艤装

OVERVIEW

商号 山陽設計工業株式会社
代表者 代表取締役社長 渡辺 賢二
設立 1957年7月
本社 岡山県玉野市玉3-1-9 三井E&Sホールディングス 玉野事業所構内 深井総合事務所 3F
TEL. 0863-21-3996
事業内容 一般産業機械、ディーゼルエンジン、港湾用クレーン、再生可能エネルギーおよび造船艤装関連の設計
資本金 1,000万円
Website www.sanyo-engineering.co.jp